2010年

2010年12月の姿(2)

2010年12月2日

馬鈴薯収穫機

 

3225
粘土地帯における馬鈴薯収穫機の問題は、土塊除去に尽きると思います。
作業速度や選別人員、深夜作業など雪が迫る時期だけに面積拡大の大きな障害となっています。
ソイルコン体系をはじめ、収穫機械の改良など、様々な取り組みも見られます。

今回はびっくりマシンを紹介いたします。

 

3226
以前お世話になったKさん。
現行機械の良いところをすべて盛り込んだ驚愕の機械がありました!
一からフレームを作り様々な機構が融合されています。

 

3227
けん引式のオフセット収穫機です

 

3228
一軸四輪ステアリング機構

 

3229 3230 3231
第一コンベアー後部にある土塊ローラーで土と茎葉を除去します。
エレベーターで上部に搬送、小玉抜きローラーとそろばんで土と小玉はほとんどなくなります。

 

3232 3233
選別部は可動式で横傾斜に対応してます。
再びコンベアーはUターンしてバケットに収穫、バケットは後ろに向いていて、その後ろにはコンテナ装着用のリフトがついています。
バケットに積みながら、さらにコンテナにも収穫できるのです

 

3234 3235
小玉コンベアーは最終土塊ローラーを通り、トランスバッグに詰められます。

選別2人で速度は二倍とか・・・
もう真似するレベルではないです・・・感嘆

夢をありがとう(涙)Kさん


 

現実的なカスタマイズ

 

3220 3221 3223
Oさんのところにある改造機を見学させて頂きました。ロータリーバケットから降りてくる土塊をローラーで分離します。
そのまま落とすと再び戻ってくるのでローラー下部にコンベアーを付加し後部に排出します。

 

3222
このような改造は自己責任において・・・などと歯切れの悪い話題になってしまいますから、皆さん心の中に留めて下さいね。

ですが作業効率を上げる様々な努力が痛いほど伝わってきます。私も見習おうと思っています。
ありがとうOさん

 
また来年。こんなHPですが
見ていただいてありがとうございました

2010年12月の姿(1)

2010年12月1日

12月の決算期を迎えました。2年連続の天候不順により農家のみなさんは大打撃をうけております。特にこの地帯は天候被害が大きく、緊急支援でお金を借りる農家が多いようです。
3191
他人事のように書いておりますが、私もその一人・・・ですが歩みを止めるわけにはいきません
来年度に施用する堆肥の搬入です

 

3192
いつもより積雪が遅く、作業がはかどるのですが、資金的な余裕がなく土地改良など大きな事業に踏み込めない部分もあり、ちょっと辛いです。

 


 

汎用野菜移植機

 

3193
以前よりカボチャ栽培の機械化について各方面にお話しさせていただいておりますが、
今回「(独)北海道農業研究センター」さんが開発中の野菜移植機についてお話をいただきました。
開発中の移植デバイスを見せていただきました

 

3194
上下するホルダーにて野菜苗を移植します。すべての動きは電子制御なので株間・速度などの調整が制御できます。
またマルチ移植時の破れ防止のためにデバイスごと前後する機構も取り入れられています。

 

3195
農業機械も制御技術がどんどん電子化されています。
ですが農作業の中では、突然の雨やぬかるみ作業など悪条件の時が多々あります、また田舎の農家まで修理をお願いすることもありますし、待ち切れず自分で分解することもあるでしょう。
出来るだけ機構の単純化はお願いしたいところです。

 

3104
こちらは現在使用している移植機です。コンパクトにまとめられております。
株間設定の制約など不便なところはありますが単純な作りの利点もあります。
むしろ今後は植え付け後の手直し部分なども考慮してほしいところです。
北海道農研さん。本州の農家事情など、楽しいお話もあり感激です、ありがとうございました!

 


 

小麦粉製粉

 

3196
今年の不作で躊躇していた小麦粉の製粉ですが、やはり行うことにしました。
今回の粉は出来上がりが不安ですが、

 

3197
ついに雪が・・・

 


 

有機物循環農法体験記

 

3200
茨城~
スガノ農機さんが主催、農業技術通信社を事務局とする「全国有機物循環農法研究会」と言う組織がございます。
この会の「有機物循環農法体験記」授賞式にお呼ばれいたしました。
北海道は真っ白でしたが初めての茨城はきっと暖かいでしょう。

 

3201
筑波山
スガノ農機は上富良野にありましたが、厳しい冬の気候による鉄の品質変化を抑えるために、今の地に移転したようです。
また、ボトムプラウが少ない地域にも普及させる目的もあったようです。

 

3203 3202
つくば市 遠くにロケットが

 

3204
特別講演
一橋大学イノベーション研究センター教授
米倉誠一郎氏の講演がありました。中央の考え、そして世界を見据えたお話。大変勉強になりました。
「夢無き者に進化なし」

 

3205
授賞式
このあと懇親会がありました。日本各地の優秀な経営者さんの前で緊張するばかり・・・
今後は「土を考える会」として新たな活動が始まるようです。
お声をかけていただいた皆様、ありがとうございました。

 


 

工場見学会

 

3206 3207 3208
次の日は元北海道農業機械工業会の村井さんの学習会があり、その後工場見学会がありました。
非常に整頓されている工場です。年産4500台ほど出荷しているそうです。
近年はフロントに作業機を追加する複合機の開発に力を入れています。

 

3209 3211 3212 3214 3210 3213
フロント作業機は前部にも3点リンクの追加が必要ですし、トラクターもかなりの馬力がいるようですが、耕起後の畑でも平らに走れますし、作業工程も省略できます。ちょっと興味をもちました。

 

3215
博物館もあったよ

 

3237
レンコン生産日本一

 

3216
帰りに富士山見てきたよ

全国の農業者と交流できる機会はめったにありません。
その中でメーカーさんがこのような組織を運営されていることに感服いたします。
貴重な体験本当にありがとうございました。

2010年11月の姿

2010年11月1日

31801
中山間地域等直接支払制度における事業推進について集落協議会が行われました。
山間地帯の農業生産条件が不利な地域において、集落で農地の管理方法や役割を決めた協定を締結しその活動において交付金が交付される制度なのですが、他市町村はすでに行われております。上富良野は人口減少が緩やかなので過疎地に該当せず取り組まれていませんでした

 

31802
集落協定において以下の活動を実施します
○耕作放棄の防止
○水路、農道等の管理活動
○国土保全機能を高める取組
○保険休養機能を高める取組
○自然生態系の保全に資する取組
傾斜地に対し交付金を支払うのでしたら、整地して機械作業が可能な基盤整備にウエイトを置いて欲しいのが希望なのですが

 


 

冬枯れ・・・

 

31803
積雪が多く雪解けの遅いこの地帯では小麦の冬枯れ病の防除は有効です。
ただこの時期畑に作業機械が入れるか?との問題もあります。
少しでもぬからないようにダブルタイヤを装着。

 

31804
これを追加装着します

でも・・・散布のチャンスを逃してしまいました
早い融雪を願います

 


 

冬籠

 

31807
クミカンが廃止になり春に大きな運転資金枠の確保が厳しく、少ない自己資金で対応することになりました。
この時期の農家はお金はまだ入らず、請求はその前に処理されるという自転車操業状態になります。
イメージとしてはクミカンより1カ月早くお金に苦労する感じでしょうか

 

31808
次年度からは畑作も「戸別所得補償制度」に移行します。
制度名称の聞こえは非常に良いのですが、今までよりさらに収入は減少するようです。

制度や情勢の変化を勉強して、こちらでも配信出来ればと思っていますよ

2010年10月の姿

2010年10月1日

31701
収穫作業も残すところ大豆と甜菜のみとなりました。
富良野、美瑛にはその丘陵地形を描いた写真館、美術館などがたくさんあります
K社の近くに「榎木孝明水彩画館」があります、
俳優榎木孝明さんの水彩画、義手で活動している大野勝彦さんの詩画などを展示しております。
ちょっとご紹介

 

31702
廃校となった施設を利用しているのですが、立派な建物です。
詩画などは胸を打つものも多いです。ぜひお立ち寄りください

西美の杜美術館
(冬季は休業します)

 

31703
努力と信念・・・

 


 

秋小麦

 

31704
秋の天候は比較的穏やかに推移しましたので収穫作業も比較的順調です。
ですが酷暑の影響は避けられず、収量はかなり落ちてます。
秋に播種した小麦は順調

 

31705
有機肥料を投入し化学肥料を抑える比率を年々増やしています。「エコファーマーですから」とPRにもなるのでしょうが、コストカットしなければ厳しい経営事情が本音です。また有機肥料は効果を発揮するのに時間を要しますので、数年単位で考えていかなければいけないのです。

除草剤散布、麦が生えてから散布した方が薬害が少ない気がします。

 


 

ビート(甜菜)収穫

 

31706
お砂糖の原料、甜菜の収穫です。
甜菜は暑さに弱いので、今年の夏の酷暑ですっかりやられてしまった圃場が目立ちます。
←収穫後みたいですが、収穫前です
本来ならば一面緑なのですが、葉っぱがありません。肝心の根の部分も腐敗が見られます

 

31707
小さいと糖分が多いはずなのですが今年は小さい上に糖分も少ないです・・・過去最低の糖分と収量でした。
腐敗が多く収穫を中止する方もいたようです。

今年決まって言われる言葉が
「共済入ってるんでしょ?」(保険)
国の制度の割には掛け金が高く、気軽に入れるものではないことを理解していただけません

 

31708 31709 31710
作物が小さいとその分雑草が増えます
甜菜だけではありませんが、雨の多かった今年、雑草には悩まされました。
今後販売価格が下がり大規模省力化が求められるでしょう。
ラウンドアップ耐性を持たせる品種開発が必要なのではないでしょうか、
安全性を保証できるGM品種が次の緑の改革になるのだと思います

 

31711
収量が少ないものですからいつもの倍の距離を収穫できます(涙)機械から排出するときもいつもなら「ゴゴゴゴ」と落ちるのですが、今年は「パラパラ~」てな感じでした。
とはいえ雨の多かった今年は収穫機にたくさん積むとぬかって動けなくなるんですが。

 


 

黒大豆

 

31712 31713
大豆の収穫です。白大豆交付金は過去作付が条件でしたので、黒大豆しか栽培しておりません。
大豆は暑さに強いようで収量はまずまず、天候にも助けられ乾燥具合もまずまず、値段もまずまずでした。

 

31714 31715
ロークロップ、刈り倒し後にピックアップなどいろいろな収穫方法を試してみたのですが、
結局通常のリール収穫に落ち着いてしまいました。
倒伏すると拾い難くロスもあるのですが、培土方法やヘッダーの改良などでもう少し改善できると思います

 


 

直販

 

31716
畑の収穫終了後に直販作業を始めました
ヤマト運輸さんのオンライン伝票発送などが可能になりましたが、今後この部門を増強するには施設整備、顧客確保、PRなど様々な投資活動が必要であると予想されます。
どう進むべきかちょっと悩んでいます

 

31718
シレラ富良野よりオリジナルぽてちが登場
直売店関連で販売されているようです
パッケージデザインどうです?


 

初雪

 

31717
ついに雪が・・・猛暑の夏だったあのころを忘れてしまう寒さです

 

2010年9月の姿

2010年09月1日

9月になりました。前半は残暑、降雨の日が続きましたが後半は寒いながらも晴天が多く、
また夏の暑さからか収穫時期も早まり作業が進みました。

31601
麦蒔きに備えて堆肥を散布


 

スイートコーン収穫

 

31602 31603 31604
スイートコーンの収穫作業です。今年は台風がなかったので、倒伏は少なめ
一列づつ身をそぎ取って行きます。
この時期になると作物全体の収量がある程度見えてくるのですが、、、悪いです・・・!


 

秋まき小麦

 

秋まき小麦の播種時期になりました。
昨年は連日の雨で作業は大幅に遅れてしまったのですが、今回は一気に終わらせます。
今回より品種はほぼ全量「きたほなみ」に切り替わりました。

31605 31606
プラウ耕起

ただ、昨年の場合、播種時期の差が収量にはあまり反映されませんでした。春の融雪遅れと、夏の天候不順が収量減の原因と考えています。

 

31607 31608
外国製ドリルシーダにより高速作業が可能になりました。

 


 

ジャガイモ収穫

 

31609 31610 31611
ジャガイモも状況は悪いようです、腐敗塊が目立ちます。比重も軽め
富良野より来ていただいたお手伝いの方が「良いイモですよ」と言ってくれるのですが、
一体今までどんな修羅場をくぐってきたのでしょうか!?

 

31612
今年は枯れた茎が機械に絡み付くので、チョッパーで茎葉処理しました。
面倒な工程が増えたのですが効果は良好でした。
(石が飛んでガラス割っちゃったけど・・・)

 

31614 31613
例の「シンシア」も収穫しました
超高級食材になり得る収量でしたよ(涙)

 

31618
粘土質土壌の為作業速度はゆっくり
それでも大変でした。

春に土塊を取り除く「ソイルコン」の結果については下記に!

 


 

ソイルコン非施工区

 

31615
ソイルコン作業は、春に膨大な労力を注ぐ工法なのですが、やはり収穫作業時期にはありがたく感じました。
今回写真比較ができず申し訳ないのですが、大変苦労した非施工区の様子です。
粘土土壌ではイモ大の土の塊としてそのまま上がってきます。

 

31616
作業速度は最低に落とし、機械には5~6人乗るのですが追い付けません。
しまいには横の土塊コンベアーが山盛りになり捌ききれなくなります。

こちらだけ早く動いて欲しい。午後からは指が痛くて大変

 

31617
粘土土壌ではソイルコンでもふるい落とす土がなく苦労するのですから、
こんな土地には作らない方がいいのかも・・・・ぢゃドコニツクレバ??

収量調査は普及センターさんが行ってくれました 若干ながら収量はソイルコン施工区の方が良かったようです


 

小豆収穫

 

31619
小豆の収穫です。小粒でトータルの反収は残念な結果に
実はかなりの傾斜です