2013年

2013年12月の姿

2013年12月1日

帰ってきた軽トラ市

 

61201 61202 61203
先月のかみふらのギフト企画商品も含め町内「上富良野セントラルプラザ」さんをお借りして「帰ってきた軽トラ市」を開催しました
外は厳寒・・施設内でよかった~
たくさんお越しいただき、また興味を持っていただきありがとうございました


 

マリーザ下松店

 

61205
山口県下松市のイタリアンレストラン「マリーザ下松店」さんより弊社はるゆたかを使ったピザを送っていただきました。
遠い山口の美味しさを堪能いたしました!ありがとうございます


 

寒い

 

61206
連日マイナス17℃とか20℃の日が続きます
極度に寒いと霧が出現します
ディーゼル車の燃料が凍結しバッテリー能力が低下します・・・

 

61207
鼻の穴がくっつく感じになります


 

札幌のアンテナショップ

 

加工品の販路を伸ばそう、と思った時思いつくのが大きな街のアンテナショップやセレクトショップを見学してきました

61208
札幌駅にある北海道どさんこプラザさっぽろ店
お知り合いの商品もたくさんありました

 

61209
きたきっちん
道産食品セレクト

 

61211
道産食彩HUGマート
前田農産さんの小麦粉~

 


 

また来年お会いしましょう!

(^o^)丿

2013年11月の姿

2013年11月1日

冬は目前

 

61106
例年11月下旬には雪ですから
この緑の風景も見納めとなります

 

61107
朝晩はとても寒い


 

大豆収穫

 

61102 61101 61103
大豆の収穫、以前は刈り取ってからピックアップ収穫したり、手で立てたりといろいろ試行錯誤しましたが、現在はコンバインで直接収穫してしまう方法に落ち着きました
大きかった豆の茎も枯れてしまうとどんどん小さくなります、拾い損ねるロスは否めません


 

ポテトチップス

 

61104
現在じゃがいも原料となる2大ポテチメーカー
なぜ似たような色やデザインになるのかは謎ですが(売れた結果なのでしょうが)食べ比べてみましょう

 

61105
う~ん
あんまりわからなかった・・・


 

アスパラ

 

61108
アスパラは春の収穫後、のこった茎が成長し、来年のため根に養分を蓄えます。風などで倒れてしまうと根に養分を運べなくなるので、柱を立て紐を張って倒れないようにしています

 

61109
雪前に柱と紐を回収するのですが、前回の雪でバッサリ倒れてしまい、回収が非常に困難


 

かみふらののおいしい

 

61110
地域の農産物加工を行う軽トラ市メンバーが集まって「ギフト商品を作りましょう」ということになりました。
意外に「わが町の商品」と言ったモノが少ないのです

 

61111 61112 61113
多田農園さんのカフェをお借りしてみんなで商品開発。ノウハウもたまり、みんなでワイワイ作業するのが楽しい

 

61114
興農社も麺類を入れてもらいました
「ラーメン1個入れたとき 塩だったらがっかりだよね~」と・・・
でもね、塩スープが一番高いのよ


 

6次産業化講習会

 

61115 61117
富良野広域連合では「6次産業化講習会」が毎年行われています。12/29視察研修がありました
かわにしの丘 しずお農場さん
サフォーク羊の生産や加工品、レストラン、ファームインや酵素風呂など、さまざまな事業を行っています

 

61116
今井代表

 

61118
2件目は東旭川でおむすびやランチを提供している「アトリエharemi」さん
ななつぼしを使った「塩むすび」(えんむすび)はホテルなどでも販売されています

漫画「蒼太の包丁 37巻」に出演してるよ

 

2013年10月の姿

2013年10月1日

収穫シーズン

 

61004 61005
10月になると、一気に冷えてきます
迫る白い雪の恐怖に焦りながらの作業です

 

61006
地中でくっついてしまったじゃがいも


 

ラーメン試作

 

61001 61003 61002
はるゆたか小麦は「ラーメンにすると色が悪い」と言われていたので躊躇していましたが、試作をお願いしました。意外とおいしいよ


 

雪パニック

 

61007
10/16 さすがにこの時期の豪雪は珍しく、葉が落ちていない木々は雪の重みでどんどん倒れています。
タイヤも夏タイヤであわてて交換したり、倒木による停電や列車不通など、ちょっとパニックになりました

 

61008
紐を張って倒伏防止していたアスパラもへんにゃり


 

甜菜、豆の収穫

 

61009 61012
雪から1週間・・・ようやく収穫作業がはじまりました。甜菜(ビート)と小豆収穫チームに分かれています

 

61011 61010
小豆は雪を覚悟し、刈った豆を集めピラミッド状に立てておきました
これはこれで、日陰部分の雪が解けなかった


 

樹脂タイン

 

61014
汎用コンバイン、麦や米、豆なども収穫できる機械です。前部でくるくる回るリールが作物をかき込み、バリカンのような刈刃でカット、後部の脱穀機に送られ、実が取り出されます

 

61015
今回前部のくるくる回る部分(タイン)を樹脂製で間隔の狭いものに交換。収穫ロスの減少や、視認性の向上を狙います


 

軽トラ市

 

61013
上富良野町内の生産者が集まって、月末の日曜日に市場を開催しています。旬の野菜や加工品を軽トラに積んで販売。
さすがにこの時期は寒いです

 

2013年9月の姿

2013年09月1日

収穫シーズン

 

60901
豊作を祈願しての秋祭り。地元の子供たちがどんどん減少していくのが寂しい

 

60903 60902
上富良野町役場に、はるゆたか加工品を展示していただきました。
僕らが地域にできることを考えねば


 

秋まき小麦

 

60904 60906 60905
収穫後の作物残さの分解を促したり、秋まき小麦の種まき準備として、土をひっくり返します。はたけおこし、とかプラウ耕と言っております。
鉄の羽がうまく土を返す仕組みはよくできています。行きと帰りでは返す向きが違うので、くるんと回って羽の向きを変えるのです

 

60909
でも、にわか雨が多く作業は難航

 

60907
種をまく機械


 

旭川「北の恵み 食べマルシェ2013」

 

60908
9/14~旭川市の中心部で食のイベントが開催されます。雨だったので行けましたが、野外イベントは晴れの方が絶対いいですね


 

じゃがいも

 

60912
ポテトチップス用じゃがいもの収穫です
トラクターが大きな機械を引っ張り、上に乗って掘り出されたイモを選別します。昔はかごを持って拾う人海戦術でしたが、人材不足、高齢化の背景もあり、(なにより辛い)高価な機械を使用することになります

 

60910
オホーツクチップという品種
湖池屋さんのチップになります

 

60911 6091460913
「おいもがとれたよ~」のショット
ちゃんと湖池屋のポテチが出てきます

注(実際土の中からポテチチップスは出てきません)


 

Country Kitchen shitto coco

 

60915
上富良野町東7線北18号にある
「カントリーレストラン シットココ」さん。田園地帯の中のかわいいレストラン。
地域の食材を大切にしていただいております

 

60916
弊社小麦粉を使ったパスタもメニューにございますので、ぜひよろしくお願いします(宣伝)


 

軽トラ市

 

60917
上富良野町内の生産者が集まって、月末の日曜日に市場を開催しています。旬の野菜や加工品を軽トラに積んで販売。

じゃがいもやカボチャ
うどんの試食もしましたよ~

 

2013年8月の姿

2013年08月1日

温暖化

 

60803
高温の日が続きます

子供のころ気温30℃を超える日はそれほどなかった記憶があるのですが(震えながら野外プールに入っていた)、とにかく暑い
北海道の作物はここまで暑さに強くはありません

 

60804
温暖化なのか近年世界的に火山の噴火がなく。
空気がきれいなのかわかりませんが機械作業は進むのですが、作物成長はなかなか進みません

 

60802 60801
上富良野神社のお神輿が地域にも


 

麦稈ロール

 

60805 60808 60809
収穫後の麦の茎を「カラ」などと呼び、牧場に引き取られます。そして牧場からの堆肥を畑に戻す。このようなサイクルを循環型農業と呼びます
わらと呼ばずカラと呼ぶのはなぜだろう?

 

60806
収穫を控えるはるゆたか

 

60811
最近この雑草が増えてきた・・・

 

60810
さっぱり雨が降らないので「逆さてるてる」


 

極端な天気

 

60812
逆さてるてるからしばらく経ち、中盤以降雨続きはるゆたかは長雨、低温が続くと一気にアミロ値が下がり、発芽の危険性が高まります

 

60813
今回雨前と雨後の成分検証が行えましたがアミロの下降は如実でした。アミロ値を高く維持したいのであれば、多少麦水分が高くとも早く収穫する方がベターです
収穫後の乾燥に時間かかるんだけど


 

麦感祭

 

60814 60815 60816
8/18十勝の音更町で「麦感祭」がありました
小麦を収穫してから2週間で食べられる、農家と地域が融合した素敵なイベントです
今回雨続きで運営側も大変だったでしょうが、おかげで参加することができました

 

60817 60818 60819
農家数が減少すると「比較的合理化が進んだ小麦の作付が増えてしまう」といった裏の側面もあるのですが、頑張っている皆さんを見ると励みになり、ちょっとうらやましかったです


 

春まき小麦最終

 

60820
春に種をまく小麦
この地域では「春よ恋」が主流です

 

60821
これは「はるゆたか」

 

60823 60822
収穫した小麦はまず乾燥機に入ります
保管するためにも乾燥工程は必要なのですが製粉工場では、製粉前に水をかけて戻すそうです、もったいないというか仕方ないというか


 

しもかわうどん祭り

 

60824
8/24手延べうどんでお世話になっている道北下川町のイベント「しもかわうどん祭り」にお邪魔しました。伝統技法のうどんは美味しいです

 

60825
みなみさんのブース

 

60826
友好都市、京都 京丹波町の「耳うどん」
ものすごい食べごたえ

 

60827
「味夢」くん


 

軽トラ市

 

60828 60829
上富良野町内の生産者が集まって、月末の日曜日に市場を開催しています。旬の野菜や加工品を軽トラに積んで販売。

 

60830
西木農園さんの「スイカ解体ショー」