2011年11月の姿(2)

2011年11月2日

冬は目前です。
夕方4時には暗くなり、朝の寒さは一層厳しくなっています。そろそろ雪の準備を始める頃です

 


 

春小麦 初冬まき

 

41601 41602 41603
初冬まきのポイントは、播種深度とお聞きしました。種が浅くなると根が春の霜柱によって切られてしまうそうなのです。なので土をあまり細かくせず隙間に種が落ちるのも有効かと思い、簡易耕起だけで済まそうと思ったのですが

 

41604 41605 41606
この地帯の土、簡易耕起だけでは粗すぎでした。
かと言ってロータリーなどでは土を練る懸念もあるので、ディスクで混和してみます。
Eさんにお手伝いいただきました

 

41607
オーバー200馬力のトラクターともなると、人が小さく見えます。

 

41609
140馬力程度でも引くことはできます

播種機のお話ですが、あまり土を柔らかくするとソリが土を抱えてしまいうまく土がかかりませんでした。またタイヤの沈み込みが大きいと低い部分にソリが下がりません。もしかすると硬めの状態、もしくはシロカキ状態の方が良いのかもしれません

 

41610
比較にドリル播種も。播種位置が浅いので不安です。
もしかして鎮圧輪付きよりレーキ仕様の方がいいかもしれません。

結果は来年に

 

 


 

雪の前に

 

41611 41612 41613
いつもなら既に雪景色なのですが、まだ時間がありそうです。
雨で埋まった排水を復旧したり、排水性の悪い部分に簡易暗渠を施したりできました

 

41614 41615

 


 

直売カフェMUU

 

41616 41617 41618
農業法人ネットワーク主催の現地研修会がありました。まずは西神楽夢民村さんの「直売カフェMUU」22年にリニューアルオープン、自社商品のほかにさまざまな農産品、加工品を販売しています。併設のカフェにて米粉を使用したパンや季節ごとのランチを提供しています。現在までの来客数は2千人を超えたそうです。

 


 

JA美瑛

 

41627 41619 41621 41622 41623
JA美瑛さんの鮮度保持システム「アイスインジェクションシステム」を視察させていただきました。ブロッコリーに使用されており、シャーベット状の氷を圧送し隙間なく氷が充填することにより、エチレンガス発生防止や通常の砕氷ではとけてしまう地域まで発送できるシステムです。

 

41624
アグリパーク「美瑛選果」

美瑛と言う観光資源を活かす為にマーケティング手法を導入、生産高への付加価値作りのために、一般的なファーマーズマーケットではなく厳選した商品を置くセレクトショップを目指しています。

 

41625
ブランド化の効果として、観光客へのアピール、通販事業の増加、様々なバイヤーから取引の依頼、千歳空港への出店などがあげられます。

今後人口減少に伴い消費は落ち込むのですから、しっかり消費者と向き合う姿勢が必要なのだと感じました。

 


 

雪景色

 

41626
とうとう雪景色となりました。不安の隠せない1年でした。今も不安でいっぱいですが、このようなHPを見ていただき感謝しています

それでは、
倒産してなかったらお会いしましょう
(^-^)/